L29

乳酸菌の株

一口に乳酸菌と言ってもその種類はとてもたくさんあります。
乳酸菌は腸のなかでカラダに良い働きをする善玉菌の仲間で、数あるものの種類にはそれぞれに特徴があります。
日本で最も有名な乳酸菌飲料であるヤクルトに含まれている乳酸菌シロタ株は、医学者の代田さんが発見した乳酸菌株です。

このシロタ株の特徴は、酸にとても強いことが挙げられます。
乳酸菌飲料やヨーグルトなどに含まれているものは、腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。
腸内環境の悪化による便秘や下痢の改善、美肌や免疫力の向上などの嬉しい働きがあるものですが、ヨーグルトなどで摂取した場合、胃で分泌されている胃酸に晒されることになります。

胃酸は食べ物を消化するのに必要なものですが、その多くもこの胃酸によって消化され、死滅してしまうのです。
このように胃酸に負けてしまっては腸まで乳酸菌が生きたままでは届かずに、充分な働きをしないのでは、と考えて研究された結果、誕生したのがシロタ株なのです。
胃酸にもアルカリ性にも強いという特徴があるシロタ株は、毎日続けて飲むことで、腸内の善玉菌を増やしてくれて健康にしてくれます。

これには他にもカゼリ菌SP株というものもあります。
これはあまり腸に定着しないという特徴があるので、コツコツと継続的に摂取することが大切なのですが、このカゼリ菌SP株は、日本人の腸内にとても多く存在している善玉菌で、腸に長く定着してくれるという特徴があります。
乳酸菌は、胃酸などに強い、ということも大切ですが、腸に届いたらそこで長く留まることができるかどうか、ということも大切なことなのです。

腸内に長時間定着することができるカゼリ菌SP株は、より乳酸菌の効果を得ることができるのですね。
またこのカゼリ菌SP株には、ダイエットの効果にも優れていると言われています。
臨床実験で、内臓脂肪を低減する働きがカゼリ菌SP株にはあるということが確認されているのです。
腸内がキレイになって、さらに余分な脂肪も取ってくれるカゼリ菌SP株は、女性には見逃せない乳酸菌ですね。

Copyright(C) 2013 腸や体の健康に欠かせない菌 All Rights Reserved.