L29

海外の発酵食品

美容や健康に良いとされている発酵食品。
日本ではhttp://www.douyou-movie.jp/syoku.htmlにもかいてある通り、お味噌や醤油、お酒やみりん、納豆や漬物などなど実にいろいろな馴染みの深い発酵食品がありますね。
カビ菌や酵母などの微生物の働きを利用して作られる発酵食品は、腐敗とは似ているようですが全く異なるものです。

食品が発酵することで、アミノ酸やビタミンなどのもともとその食材が持っている栄養素が何倍にも増えるのです。
さらにカラダへの吸収率もグンをアップし、食品の保存性や風味などもアップさせる効果もあります。
このようにとても優れた食品の加工方法である発酵食品は、海外での歴史もとても古いのです。

海外での発酵食品では、ワインの醸造やチーズなどが最も歴史が古いようです。
遊牧民が旅をしていた際に偶然に出来上がったとされるのがチーズです。
液体だったはずの牛乳が、何日も旅を重ねるうちにいつの間にかカチカチに固まっていて、それを実際に食べてみると、とてもまろやかで美味しかった!というのがチーズ誕生の話しとされています。

特に乳酸菌による発酵食品は、食品の雑菌の繁殖を抑制して保存性が増すなどの優れた作用があることが昔から多くの人達に知られていて、世界中に乳酸菌による発酵食品が広がっていったのです。
ヨーグルトやチーズなども乳酸菌による発酵食品で、納豆やお味噌や漬物などもそうです。
日本やアジアの国々では、野菜や穀類などを使用した植物性の発酵食品が多いようですが、その他の海外においては、動物性のたんぱく質を使用した発酵食品が多いようです。

特にヨーロッパではたんぱく質である肉や魚、乳などを使用した発酵食品がとてもたくさんあり、サラミや生ハムなども発酵食品になります。
魚を発酵させたものでは、アンチョビなどが有名ですね。
同じアジア圏内で有名な乳酸菌による発酵食品では、韓国のキムチや中国のメンマがありますね。

フィリピンのナタデココも発酵食品なのです。
このように発酵食品の歴史はその世界各国のその土地土地によって特徴が見られます。
http://www.fscop.jp/zenda.htmlにもかいてあるように、毎日継続して摂取していくことで体内環境を整えることができますので、一度食べたからもうOKではありません。
毎日同じ食べ方では飽きると思いますので、発酵食品を使った様々なレシピで毎日摂り続けましょう。
一日に必要な量はhttp://game7.jp/itiniti.htmlにかいてありますので、参考にしてください。


Copyright(C) 2013 腸や体の健康に欠かせない菌 All Rights Reserved.