L29

乳酸菌製品選びのポイントとは

乳酸菌と聞いてヨーグルトや乳酸菌飲料http://www.knews.jp/dorinnku.htmlを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
これが含まれている製品には、ヨーグルトや乳酸菌飲料以外にもいろんなものがありますよ。
そもそも乳酸菌とは、糖類を分解して、たくさんの乳酸などを作り出す、細菌のことで、とても種類がたくさんあります。

よく耳にするビフィズス菌やヤクルト、などの乳酸菌の仲間です。
1857年にパスツールという人によって発見されたものは、人間のカラダの中、動物のカラダの中にももともと存在しているものなのです。
この作用を利用して作られたのが乳酸菌製品で、ヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズやお味噌、醤油、漬物などいろんな発酵食品が作られているのです。

例えば同じヨーグルトでも使用されているものはさまざまなものがあるのです。
ブルガリア菌やビフィズス菌、サーモフィルス菌などで、これらのものの組み合わせや発酵させる時の温度によって、ヨーグルトの特徴が出てきます。
同じヨーグルトでも、商品によって味に酸味が強かったり、マイルドだったりするのは、このように使用されているその種類と製造方法が異なっているからなんですね。

皆さんがヨーグルトなどの乳製品を食べる理由として、整腸作用などの健康効果を期待しているのではないでしょうか。
もちろん美味しいから、という理由もあると思うのですが、便秘がちだったりして、腸内をキレイにするためにヨーグルトなどを食べる人が多いと思うのです。
ここで乳製品を選ぶ際のポイントをご紹介しますね。

同じ乳製品でも肝心の乳酸菌が腸まで届くものとそうでない物があります。
ほとんどのものは胃などで死滅してしまうのです。
胃酸などの消化液に負けずに腸までしっかり届かないとせっかくの乳酸菌も意味が無くなってしまいますね。

そこで選ぶ際の基準となるのがトクホマークの付いた乳製品です。
トクホマークのある製品は、乳酸菌が生きたままで腸まで届くことが証明されたものです。

ですが、ここで注意してほしいのが、いくら腸まで届いたとしても自分の体質に合っていないとなかなか効果は実感できません。
なのでトクホマークの中で自分の腸に適している乳酸菌を見つけることが大切です。

毎日の食事から十分な量を摂取することが理想ですが、忙しい毎日をおくっている現代人のみなさんには難しいでしょう。
外食やコンビニ弁当で食事を済ませているとなかなか乳酸菌を摂るのは難しいです。
そんな方たちにおすすめなのがサプリメントタイプの乳酸菌です。
このサプリメントタイプには1種類だけでなく数種類の乳酸菌が含まれていますので、自分に合った種類が見つけやすいし持ち運びがとても便利なため、外食の時にも数粒飲むことができます。
摂取するタイミングは食後がおすすめです。
その理由はhttp://www.hyundaiit.jp/taiminngu.htmlに詳しく解説されていますのでご覧ください。



Copyright(C) 2013 腸や体の健康に欠かせない菌 All Rights Reserved.