L29

耐性乳酸菌

風邪などの病気に感染した場合、抗生物質を処方されることがありますね。
この抗生物質を服用していると、便秘になったり、逆に下痢になったり、消化不良になったりとカラダの調子が優れなくなることもあります。
これは抗生物質の働きによるものです。

抗生物質には、感染症の原因となっている病原菌を殺してくれる働きがありまりますね。
そして抗生物質は、病原菌と同時に腸内の善玉菌も殺してしまうという作用があります。
ですから腸内では悪玉菌が優勢になりやすく、これが下痢や便秘などの症状として現れてくるのですね。
そこで役に立ってくれるのが耐性乳酸菌http://www.korealawtoday.com/tai.htmlと言われるものです。

耐性乳酸菌は、抗生物質と一緒に服用することになります。
抗生物質を服用することで善玉菌も全滅になるのですが、耐性乳酸菌を一緒に服用することで、効果的に善玉菌が補えるのです。
耐性乳酸菌と抗生物質を同時に服用することで、腸内環境のバランスが保たれるので、下痢や便秘、消化不良を防止できるのです。
乳酸菌の一日あたりの必要な量についても参考にご覧ください。

この耐性乳酸菌は、あくまでも医療目的で使用されるものです。
ですので、病院で処方されるときには耐性乳酸菌製剤と表記されています。
抗生物質にも負けず、腸内に届き腸内環境のバランスを整えてくれる耐性乳酸菌。

遺伝子を操作することでその耐性が高められたもので、副作用は特にないものの、医師の処方箋がないと服用することはできません。
しかしそんな強力な作用のある耐性ですが、胃酸などに弱いという点では他の一般的なものと同じです。
胃酸などでせっかくの耐性が、死滅するのを防止するためには、空腹時での服用を避けるようにしましょう。
胃のなかに食べ物が全くない空腹時には、胃液の影響を大きく受けてしまうのです。

耐性乳酸菌は、医療目的として抗生物質の副作用を緩和、抑制することを主な目的としています。
医師からの支持にきちんと従うことが大切で、耐性乳酸菌には他の手軽に用いることができる乳酸菌とは少し異なる性質があるものです。
▼もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトも参考にしてみましょう。

Copyright(C) 2013 腸や体の健康に欠かせない菌 All Rights Reserved.