L29

有胞子性乳酸菌

一口に乳酸菌と言ってもその種類はとてもたくさんあります。
その仲間で有名なのはビフィズス菌やブルガリア菌、などですね。
耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

では有胞子性乳酸菌を知っていますか?
これは胞子性の乳酸菌をまとめた名づけたもので、具体的には、スポロやラクリスなどがあります。
この有胞子性のものには、他の乳酸菌にはない、とても優れた特徴があるのです。

一般的な乳酸菌は、せっかく食べても熱や酸、乾燥や酵素に弱いという特徴があるので、胃酸や消化酵素などによって腸に届く前に死滅してしまうのです。
しかし有胞子性のものはそのようなことがないのです。
有胞子性のものは、胞子の殻でその菌がしっかりと守られています。

ですので、熱や酸、乾燥や酵素などがある悪条件の下でも、腸まで生きたまま届くことができるという素晴らしい特徴があるのです。
一般的な乳酸菌が、生きるための条件が限定されるのに対して、有胞子性のもののように胞子で守られている乳酸菌はどんな条件下でも死滅することがないのですね。
腸まで生きたまま届くので、腸内の善玉菌を優勢にするのに役立ってくれます。

腸に生きたまま届いた有胞子性のものは、腸内ではじめて発芽して、善玉菌としての役割を果たしてくれるのです。
とても強い性質を持っているので、食品への添加もしやすい特徴があります。
また、食品の保存性を高めるというメリットなどもあります。

しかし有胞子性のものは、一週間くらいでカラダの外には排出されてしまう、という特徴もあります。
腸内で定着しないので、継続的に摂ることが大切です。
有胞子性のものであるスポロやらクリスが含まれたサプリメントもおすすめですし、この乳酸菌が入っている有名なお菓子もあるので、おすすめですよ。

ビスコやスポロンなど、皆さんよくご存知かと思いますが、これは有胞子性乳酸菌が入ったお菓子です。
お子さんのおやつとしてだけではなくて、大人も食べたいですね。

Copyright(C) 2013 腸や体の健康に欠かせない菌 All Rights Reserved.